治療法

当院では主に①内服療法と②トレチノイン・ハイドロキノン療法をメインに行っています。


①内服療法

一般的な皮膚科でシミの内服治療というとビタミンCしか処方しないクリニックもありますが当院では長年の経験に基づき以下の5つの内服薬を処方しています。この中でも特にトラネキサム酸が効果を発揮しています。
余裕のある方にはプラセンタの内服薬も処方しています。

シミ・肝斑セット
ビタミンC 美白 コラーゲン生成 抗酸化作用 免疫強化
トラネキサム酸     肝斑 シミ そばかす
L システイン      皮膚粘膜の保護 細胞の再生 肌荒れ
パントテン酸      新人代謝 ストレスの緩和
グルタチオン      肝機能改善 抗炎症作用 抗アレルギー作用 解毒作用




② トレチノイン・ハイドロキノン療法

トレチノインとは

ビタミンA(レチノール)の誘導体で
生理活性はビタミンAの約50〜100倍あります。
トレチノインが表皮の古い角質を取り除き、肌の再生を促進するため、メラニン色素をスムーズに排出します。
もともと血液中に、誰でもごく微量に流れているものなので、抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすということはありません。

ハイドロキノンとは

メラニン生成の原因となる『チロシナーゼ』という酵素の活動を抑える成分です。
皮膚の色調・色むらを改善し、しみ・色素沈着などに効果があります。
また、皮脂腺の働き・皮脂分泌を抑えられるため、ニキビ改善にも有効です。
一般的な美白化粧品に使用される美白成分の、アルブチンなどに比べて、約100倍の効能があると言われています。

モニター募集のご案内
福島院WEB予約
郡山院WEB予約
宇都宮院WEB予約
無料メール相談
受付時間 10:00~19:00 不定休