このような方にオススメ

まぶたが厚い

二重が戻ってしまう

すっきりとした二重にしたい

厚いまぶたにおされて目が小さい

治療法

埋没法と同時に行う場合は約2mmの小さな穴から特殊な技術で眼窩脂肪という目の上の脂肪を取り出していきます。治療時間は10分程度、腫れは埋没法を単独で行った場合と比較して変わりはありません。2mmの傷跡は縫合の必要はなく通院も必要ありません。
切開法を行う場合も同時に必要であればこの眼窩脂肪をとって行きます。
この治療を行うとまぶたの厚みの3割から5割程度が改善すると考えてください。

ドクターから

一重の方の多くがまぶたが重い、目が小さいと悩んでいます。
一般の方は脂肪を取り除くというと脂肪吸引を想像していますがそうではありません。
ほんの数ミリの針穴から丁寧に脂肪のカプセルを取り出していきます。
眼窩脂肪というのは非常に薄い膜の中に入っていてその幕にたどり着くときれいににゅるにゅるっと脂肪が滑り出してくるのです。だから丁寧に行われた脂肪とりの場合、腫れが出るどころか術直後から埋没法単独と比べて腫れが少なくすっきりしている場合もあります。
本来生まれつき二重の方の場合まぶたの脂肪は少なめですから、可能であれば埋没法に併せて一緒に受けた方が良い治療の一つです。

モニター募集のご案内
福島院WEB予約
郡山院WEB予約
宇都宮院WEB予約
無料メール相談
受付時間 10:00~19:00 不定休